あの子の日記

読むこと書くこと喋ることが好きなあの子のブログ。読んだ本の感想と日常をTwitter気分で書き留めていくスタイル。

2016年、暮れて

 ハロウハロウ!

 

結局そんなに更新しなかったこのブログだけど、何かを書きたいと思ったときにそこに「ある」ことが大事なんだと思う。だからこのブログを畳まずに今まで放置大切に守ってきたのにも意味がある。よね?

今年は挑戦する一年間でした。パスポートを持っていない私は日本国内でずーっと暮らしていたけど、それなりに挑戦したんですよ。

---

3月には一人でトーキョーに行きました。今思ってもすごい。自分はあまり外出するのが好きじゃないんだけど、神保町や紀伊国屋書店新宿本店に行きたくて、行きました。今いきなり行くことになったらちゃんと辿りつけるかな。そんな気がしない。あのときだったからこそ、トーキョー一人旅に挑戦できたんだと思う。行ってよかった。今度は趣味が合う人と一緒に行ってみたいと思う。東京に限らずいろんなところに。

---

2月から10月まで就職活動をしていました。本当は7月に内定をいただいていたけど、のちに本命となる企業の選考が10月まで続いたんです。長かったな。

ムッとくることが多くありました。馬鹿にしてんのかと言う代わりに、ちゃんと内定を取り納得のいく就職活動にしてやろうと思っていました。でも裏ではグチグチ言ってたな。愚痴を聞いてくれたすべての人に感謝しています。そこでうまく吐き出せず折り合いを付けられていなかったら、進路が決定したカノコは生まれていなかったと思うんです。6月はずーっとゲームして過ごしていました。家族は「こいつはどうなるのか」と思ってたと思うんですけど、変にせかしたりせずにいてくれて、ありがとう。

今後は大学ではなく就職先であれこれ頭を悩ますことになるんでしょうけど、がんばるしかないです。死ぬまで同じところで働き続けるなんてことがあるかどうか今は分からないから、やれることをやるだけです。私が通ったってことは、私に向いているということだろうから。自覚がなくても、その道の人が私を選んでくれたなら(そして、私がそれに一度は納得したのなら)、まずはそこでがんばります。がんばりましょう。

---

大学4年後期は、就職先が決まりつつあると同時に、他人との交際が増えた時期だなと思います。それはだれか特定の人と恋愛関係になるというわけではなく、交際費にあたる出費が増えたということ。他人と一緒に映画を観たり、何かを食べに行ったり、美術館に行ったりしました。

これまでは断然一人映画派だったけど、だれかと同じときに隣の席で映画を観るのもいいものだなと思いました。特に今年は映画館に行って映画を楽しみまくった一年でした。あとから何本観たか確認しておきますけど、10本くらいは観たんじゃないかな。私にしては珍しい。これも挑戦ですね。

これまで行ってみたかったけど一人で行く勇気が出なくて行けなかった料理店にも積極的にいきました。美味しいものがたくさんあるな、あまり食べたことのないものだとなじみがないな、いろいろ考えてたけどそこで一緒に食事しに行った人とお話が膨らむのが面白いということに気づきました。もしかしたら人は料理じゃなくて空間を食べているのかもしれない。

食事や映画に誘ったり、誘われたりしながら過ごしていました。卒業論文を書きながらそんなことをしていたなんて、なんてお気楽な身分なんでしょう。でもこういうことひとつひとつが卒業論文執筆の息抜きになっていたし、発見にもつながっていた。自分の糧になっていると思うんです。その人たちと来年度以降食事に行けるかなんてわかりません。もしかしたらもう会えないかもしれない。でも。できたらまた一緒にお喋りしたいなと思います。私のお喋りにつき合わせてしまって申し訳ないなとも思うけど、なんだあなたも私と似たことで悩んでいたのね、とわかることも何度かあって、楽しかったんです。年度内はまた一緒にどこか行けるといいな。それがわたしにとって、たいせつ。

---

卒業論文は執筆中だから何とも言えないんだけど、年内の目標には到達できたからいいとします。年明けの提出日までがんばります。そこを乗り越えたら私は最後の春休み、長期休暇を楽しむために図書館や書店を行脚して読書しまくります。行ったことのないところに行くのもいいな。そういう楽しみを見つけながら、味わいながら、生きていきましょう。

 

まあ、気楽にいこうぜ。

広告を非表示にする